株式会社ニコニコム

INFORMATION

< 2017年5月 >

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31



分類一覧
広告のオプトアウト設定をしよう
先日、あまりにも似たような広告が表示されるようになって、スマホやブラウザの設定、加えて、広告に関する設定を見直してみました。

話を聞くと、同じようなことに頭を抱えている友人知人も多かったため、メモの公開をすることにしました。

スマホやタブレットの広告に関する設定

1. Adnroidの場合
 [設定]→[Google]→[広告]を選択し、[広告のパーソナライズをオプトアウトする]を有効にします。

2. iOSの場合
 [設定]→[プライバシー]→[広告]を選択し、[追跡型広告を制限]を有効にします。

3. Windowsの場合
 [設定]→[プライバシー]→[全般]を選択し、[アプリ間のエクスペリエンスのために、アプリで自分の広告識別子を使うことを許可する]をオフに設定します。

Webサービスごとのオプトアウト設定

Webサービスによっては個別にオプトアウト設定が可能なところもあるため、チェックしておきたいところです。

1. Google
 パーソナライズド広告を表示しないようにする(オプトアウトする) - 広告 ヘルプ 

2. Microsoft
 マイクロソフトのパーソナライズされた広告の設定

3. Yahoo! JAPAN
 Yahoo! JAPANの配信する行動ターゲティング広告の無効化について

4. 楽天
 行動ターゲティングサービスの説明とその無効化について

5. Amazon
 Amazon.co.jp 広告表示の設定

6. Twitter
 Twitter / 設定 

 プロモコンテンツ
 [広告パートナーからの共有情報に基づいて広告表示をカスタマイズする]のチェックをオフ

7. Facebook
 広告表示設定

 広告設定で以下の項目をオフ
 [ウェブサイトとアプリの利用情報に基いて表示される広告]
 [Facebookグループ企業外のアプリやウェブサイトでの広告の表示]

8. Adobe
 Adobe.comオプトアウトページ | アドビ - プライバシーポリシー 

一括してオプトアウト設定確認

大手の企業やWebサービス提供会社が独自に行っている広告であれば、先にあげた個別の対応でオプトアウトの設定は可能ですが、広告を扱っている企業は世の中にはたくさんありますし、どの広告がどこの情報をもとに表示されているかまで突き止めることはとても困難ですし、現実味がありません。

一括してオプトアウト設定が可能なサービスを活用することで、自分自身のネット上でのふるまいをベースに趣味情報などが蓄積されることを軽減することができますよ。

1. オプトアウト等 | DDAI 

2. WebChoices: Digital Advertising Alliance's Consumer Choice Tool for Web (Beta) 

もちろん、広告は企業にとっても大切なアプローチを行う場所ですが、同じ広告ばかりになって困る、という場合にはこういった設定を活用して「オプトアウト」を行ってみてもよいかもしれませんよ。

そうそう、Googleアナリティクスに行動をチェックされたくない!という方には、こちらのツールもお勧めです。

3. Googleアナリティクスを全般的にオプトアウト
 Google アナリティクス オプトアウト アドオンのダウンロード ページ 

何を受け入れて、何を除外するのか。
もう少し簡単に対応できると個人的にはうれしいのですが。

(やまぐち)
2017/04/12 13:37

PAGE TOP

ニコニコムの最新情報をご紹介します